とある30人の飲み会のお酒の総量は◯L

  • 2016年2月22日
  • 2018年10月31日
  • 日記




新年会、送別会、歓迎会、暑気払い、忘年会とこの世は飲み会で溢れていますよね。その飲み会につきものなのがお酒。

花見とか様々なイベントごとでは、自分たちでお酒も用意しなければいけません。そこで、疑問に思ったのですが、飲み会でどのくらいお酒を飲むのか?ということです。

幹事の方にとっては、結構重要な問題ですよね。お酒の量が少ないと足りないぞと文句を言われ、逆に多く買いすぎてしまったら、片付けも面倒くさい。しかも、お酒だけじゃなくて、車の方用のお茶やジュースなどのノンアルコール飲料の準備も必要です。

ということで、最近、研究室(総勢30人)で飲みにデータをもとにして、いったいヒトは飲み会でどのぐらいの量(その種類も)のお酒を飲むのかをまとめてみました。幹事を任されている方(新入社員?)、参考にどうぞ。

30人で飲み放題:お酒の内訳は?

まず、基本的な情報として・・・

人数:30人(男女の比率は半々ぐらい)
年齢:平均20歳前半(飲み盛り)
時間:ちょっとした打ち上げ後の飲み会(1.5次会ぐらいか。)
時期:3月のちょっと寒い日
料理:魚メインのコース+飲み放題
酒豪度:ガツガツ飲む人が4、5人ぐらいかな。

では、早速内訳を見てみましょう。幹事でレシートを貰ったので、それを見ながら打ち込んでいます。

ビール(金麦)  ×44杯

コークハイボール  ×28杯

梅酒  ×15杯

日本酒(清酒 冷)  ×6(合)

シロップハイボール  ×6杯

ハイボール  ×5杯

白ワイン  ×4杯

米焼酎  ×4杯

芋焼酎  ×3杯

ゆず酒  ×3杯

サワー  ×3杯

リアルゴールド  ×3杯

ジンジャーハイボール  ×3杯

カシスオレンジ  ×2杯

カシスソーダ  ×2杯

カシスウーロン  ×1杯

ちなみに、お酒以外の飲み物(ノンアルコール)

ウーロン茶  ×21杯

カルピス  ×2杯

ジンジャーエール  ×1杯

オレンジジュース  ×1杯




お酒の量はどのくらい?

ビールなどグラスに入れるアルコールを350mlと仮定して総酒量を計算してみました。焼酎・日本酒・ワインは、200mlで計算しています。

で、結果は・・・

43.65L

一人当たり平均・・・1.5L

ほぉーーー、これは驚きだ!!

そんなにアルコールを摂取していたのか!

飲み放題ではない場合やBBQなど野外でのイベント時など、幹事はどのくらい飲むのか検討がつかないでしょう。

今回の結果がある程度の参考になるのではないでしょうか。

イベントでのお酒の準備量の目安

条件など様々だとは思いますが、飲み会の酒量公式を作ってみました。

人数×1.5L(男がむさ苦しいほど多い場合や夏場、運動後などは2L)

こんな感じかな。

おまけ:最近見つけたお洒落なお酒

幹事としてイベントに、このお酒を持っていけば、受けが良いかもしれません。ちょっとお値段はお高いですが・・・。

このお酒は、「CALVADOS POMME D’EVE(カルヴァドス ポムドイブ)」というブランデーです。

見て頂ければわかりますが、お酒の中に林檎が入っていて、ブランデーにも林檎の香りが付いています。

瓶の中で林檎の実を育てて、そこにお酒を注入しているようです。飲み会の席でのちょっとした話のネタにはなりますね。