日本でも珍しい”しずく茶”なるものを八女の茶の文化館で堪能してきた

茶の文化館は、福岡県八女市星野村に位置する。

星野村というだけあり、夜になると近くの星の花公園から満点の星空を見ることが出来るらしい。

僕が行ったのは昼間だったので見ることはできなかったが、なるほど、まわりは街灯など何もないので一面の星を楽しむことが出来るはず。

そこは、全国のシャクナゲを植えてあり、満開とはいかないまでも十分に満喫することができた。

星野村公園の木の動物園がひそかにオススメです。

玉露との出会い

駐車場に車を停め、茶文化館に入ろうとすると、入口横のテントでお茶の販売をしているお姉さま方に声をかけられた。

ちょうど今(5月)は新茶の季節ということで「いい時期に来たね〜」などと会話しつつ、玉露を頂くことができた。

僕の人生の中でも初めての味で、「これがお茶なのか!?」というのが正直な感想。

口に入れた瞬間、出汁を飲んでいるような、そのぐらい濃厚で味わい深かった。

普通の緑茶とは似てもいない。 

八女の玉露は、全国茶品評会において11年連続で農林水産大臣賞(品評会で最高の賞、日本一)を獲得しているという。

八女のお茶が気になる方は、八女市の観光HPをご覧ください。

そんな感動的なお茶との出会いをして建物へと足を運んだ。

茶の文化館へ

営業時間:10:00~17:00
入館料:大人 500円、 小学生 300円
休館日:火曜日

入館料には、(しずく茶か抹茶)+季節の和菓子のお茶券が付いている。

お茶代+館内を見て回って500円なので安い。

で、早速日本でも珍しい”しずく茶”というものを頂いた。

玉露「しずく茶」の飲み方

玉露の茶葉にごく少量のお湯を注ぎ、茶碗の蓋をずらしてすきまから飲む。

まさに、しずくのようなことから”しずく茶”と言うようだ。

一煎目のあとは、二煎目、三煎目と飲んでいき、お茶を味わう。

四煎目ぐらいが普段飲んでいる感じに近いかも。

その後、酢醤油をお茶葉にかけて茶葉まるごと食べる。

お浸しを酢醤油で食べている感じだが、お茶の味もするという何とも不思議な感じ。

お茶を堪能した後は、お茶の展示や茶室を見てまわった。

ゆったりとした空間で、美味しいお茶を飲み、星野村で星を見る、八女おすすめ!