なつかし〜、遠足に持って行ってたお菓子12選

  • 2016年6月21日
  • 2018年9月29日
  • 日記

コンビニのお菓子コーナーを見ていて、ふと小学校の遠足を思い出しました。先生から「300円までよー」との鉄の掟を受け、遠足の前日にスーパーに行き、最高の組み合わせを模索するアノ恒例行事です。

少額のものでメンバーを固めるのか、それとも強力なクリーンナップで打線を組むのか、子どもながらに真剣に考えていましたよね。毎回行き着く答えは、100円以上の高価なお菓子ひとつと駄菓子のような10円から50円ほどのお菓子の組み合わせでした。

懐かしいなぁ。久しぶりに300円の上限でお菓子を選んでみようかな。

ということで、僕が小学校の頃に良く購入していたお菓子をまとめてみました。みなさんも、子供時代に戻ってみて、300円でお菓子を選んでみてはいかがでしょうか。案外楽しいですよ。

100円越えのリッチなお菓子

シゲキックス

子どもの頃ってすっぱいのとか苦いのとか苦手なはずなのに、シゲキックスはよく買ってましたよね。最初すっぱいけど、後から甘くなるあの感じが美味しいんですよね。昔はレモン味ぐらいしかなかった気がしますが、今だといろんな種類の味が出てるようですよ。

おっとっと

ずっと食べてしまう中毒性があるおっとっと。バスの中で食べて、これまで何個落としてしまったことか・・・。ごめんなさい、小学生の自分に変わり謝ります。

つけボー

ヤンヤンつけボー・・・こんな名前だったんだ(笑)。チョコにつけて、何か甘くてカラフルなやつをまぶして食べるやつ。最後に残ったチョコを指につけて舐めてたなぁ。

Hi-SOFT ミルク

濃厚なミルクとキャラメルの味が忘れられない。日中の暑さで、少しとろけたキャラメルも美味しいんですよね。どこか懐かしいような味だったなー、また食べたくなってきた。

ヨーグレット

ポリポリ、ポリポリつい食べちゃう。遠足中に全部食べきることはなくて、家に帰ってからのお菓子タイムでのレギュラー。そう言えば、最近このお菓子見なくなったような気がする。

昔懐かしの駄菓子

ビッグカツ

やっぱり遠足といったらこれでしょ!おかず系のお菓子と言うか、塩気のあるお菓子だから、甘いものが多くなるお菓子の中でも重宝するんですよね。これが本当の肉ではなくて、魚肉だと知った時の何とも言えぬ感情を今でも覚えています(笑)。

ポテトフライ

これ良く食べてたなぁー。ほとんどのお菓子は1個ずつしか買わないのに、これは2個ぐらいかってたかな。リュックに入れておくと、バキバキに割れているという、ポテトフライあるある。

スーパーBIGチョコ

こんなにたくさんのチョコを食べることができるBIGチョコ。幼いながらに優越感に浸りながら食べていたような(笑)。何てったって大きいから、半分の大きさでも、お菓子の交換材料としては十分に活躍してくれますよね。

ガブリチュウ

これも頻繁に買ってたなぁ。強化版ハイチュウみたいな立ち位置。でかいから食べ応えがあって美味しいし、グレープ以外の味もあるから、毎回数本買ってた。

モロッコヨーグルト

僕の実家周辺が田舎だったからなのか、小さい頃このヨーグルトを見たことも、食べたこともなかったんです。大人になって、駄菓子の話をすると必ずといっていいほど登場するのに。何だがか優しい味で、今では好きかな。

アンパンマンチョコレート

小学校低学年の時はよく食べてました。普通のチョコなんですが、アンパンマンってのがいいんですよね。ただ、遠足とチョコの相性はちょっと悪くて、溶けていることが多々ありますよね。

どんぐりガム

個別で売られてたので、金額合わせに買っていました。飴の中にガムが入っているどんぐりガム。普通のガムとは違って、何か独特なんですよね。大人買いして、家においておこうかな。