沖縄旅行用にSONYのアクションカムを購入!コイツ動画だけじゃなく写真もいけるぞ!





今年の夏は沖縄に行こうと決めてから、2日後にはSONYのアクションカムを購入するに至った(笑)。

もともとアクションカムを買いたいな〜と思っていたわけだが、ソニーのアクションカム
HDR-AS300
購入に踏み切った経緯や実際に使用してみての感想などをまとめてみたいと思う。

何と言っても60m防水ハウジング

 

SONY HPより

沖縄では、人生初のダイビングに挑戦しようと考えている。

となると、海の中も自分の手で撮影してみたくなる。

そこで重要になるのが、水の中に入れても大丈夫な防水ハウジング。
(防水ハウジングが付属しているので、別に購入する必要がない)

AS300は、水深60m、連続30分の撮影ができるような防水構造になっている。

また、本体自体もIPX4相当の防滴ボディなので、多少水がかかっても使うことができるという点も購入に踏み切った大きな要因。。



ブレない映像が撮れる

 

SONY HPより

僕が想定しているアクションカムの用途として、旅行などの際に気軽に動画や写真を撮ること。

動画の場合は歩きながら、臨場感のある(後から見て追体験できるような)映像を撮りたい。

ということで、三脚などは使わずに手で持った状態で使用することになる。

その際に問題になることが「手ブレ」!!

候補として挙げていたGoProは手ぶれ補正がないため、この段階で本体で「空間光学ブレ補正」が搭載されているSONY AS300に決めた。

AS300で適当に撮った動画(購入後、初撮り)がこちら。

片手で持って、歩く速度も普通通りであるにも関わらず、見ることができる映像が撮れている。
(この状態でも僕的には満足だが、もっと練習すればさらにブレを抑えた映像になるかも)

ということで・・・ソニーのアクションカムを購入

購入したのが下の商品(AS300)。

HDR-AS300R
とRが付いたモデル(ライブビューリモコン付き)もあるが、僕はリモコンがついていない方を購入した。

リモコンの代わりにスマホでも代用することができ、実際にスマホとWi-Fi接続してみたが、おおむね良好でリモコンの必要性を感じなかった。

今年の夏は、このAS300とともにたくさんの思い出を作りましょう!!

追記:写真もアクションカムでいいかも

最近購入したSONYのアクションカムHDR-AS300

意外と知られていませんが、アクションカムは動画以外に写真も撮ることが出来るんです。

AS300では、以下のように多彩な機能があって、かつ高画質な写真を撮れます!

アクションカムというと動画のイメージが先行していますが、実は綺麗な写真も撮ることが出来ます。広角のレンズなので広く写すことができるますし、タイムラプス機能や高速連写モードなども魅力的。こいつ、意外と静止画でも威力を発揮する力を秘めているんですよ。

<


上記は全てSONY web siteより引用







実際にアクションカムAS300で写真を撮ってみた

設定は、初期設定(ワイド、ビビッド)のまま。

あと、防水ハウジングに入れたままの撮影。
(プロテクターがまだ納品されてないので笑)

で、撮影したのがこちら。

シャッタースピードも速いようで、バスや車が止まって見える。

また、広角(ワイド)なので普段のスマホのカメラなどより圧倒的に広く写すことができている。

写真撮影の際に感じたこととして、電源を入れてから撮り終えるまでが本当に速かった(ものの数秒程度)。

ピントを合わせる必要もなく(正確にはピントを合わせるボタンなどは無い)、撮りたい時にすぐにシャッターを切れる点は素晴らしい。


壁面にくまモン笑

ただ、太陽の方向に向けて写真を撮ると、白く飛んでしまう。

逆光に弱いpart1

日陰からの撮影だったが、空が全体的に白くなる。

逆光に弱いpart2

逆光に注意すれば、アクションカム特有のダイナミックな写真が撮れる。

看板からの距離は30cm程度で見上げるように撮影した写真。

写真をスマホに転送して驚いたが、文字の細部までハッキリと描写されている。

観光地などの看板は大きいサイズのものも多く、全体を写すには距離をとらねばならない。

人が多い中、距離をとり、しかも人を写さずに撮影するのは困難を極める。

しかし、アクションカム(超広角のカメラ)であれば、サッと鞄から取り出して、素早く撮影することができる。
(ライブビューリモコンなど接続しないと、すぐに撮れた写真の確認はできないが、逆にそれが楽しかったりする)

今回の写真撮影を通して、旅行用のカメラはこの1台で良いと思うようになった。

というか、常に携帯したいカメラであると感じた。

今後、多いに活躍してくれることだと思う。

追記:アクションカムの風対策はコレがいいらしい

先日購入したアクションカム

部屋で遊んでいて、録画したものを見返し、あることに気付いた!

風がボーボーと入っている。

夏なので扇風機をつけていたのだが、その音がモロに動画に入っているではないか!

これはマズイと考え、すぐにネットで検索してみると、風で困っている人は多いらしい

で、対処方法としては風防と呼ばれるものをマイクに付けると、風切音が和らぐようだ。

そこで、近くの手芸店でフェイクファー(冬場のコートについてるモフモフしたもの)を買ってきた。

手芸店で500円で購入

これをHDR-AS300のレンズの下に合うようにカットする。

ちょび髭が落ちてるみたい笑

長い毛は写り込んでしまったり、邪魔になるので短く切る。

で、両面テープをマイクを塞いでしまわないように貼り付け、そこに先程のフェイクファーを付ける。

あとは、はみ出してしまっている毛を整えるだけ。


これで完成!

防水ハウジングにも収めることができた。

ボールに水を張って、アクションカムを沈めてみたが、水は入ってこなかったので多分大丈夫なはず。