南フランス・モンペリエMontpellierのおすすめ観光スポット クリスマスシーズンもおすすめ!




フランス南部に位置し、古くから学園都市として知られている街・モンペリエ。
パリからは、飛行機で約1時間半、もしくはTGVで約3時間で行けます。
若者が多くて活気がありながらも、南仏らしくゆったりした素敵な街です。
モンペリエの見どころ、今回は観光スポットを中心に紹介します!

モンペリエの移動手段

モンペリエ空港から街中までは、バスで2ユーロほどで移動できます。
街自体はそんなに大きくないですが、少し遠くまで行きたい時などはトラムが便利です
モンペリエにはトラムが4本走っていて、結構な広範囲を網羅しています。
近い将来、もう1路線増える予定だとか。(いつになるかは未定のようです。笑)
トラムの外観は有名なデザイナーがデザインしたものらしく、とてもオシャレな感じです。

tram_1
tram_2

路線によって外観のデザインが異なるようなので、柄を覚えておくと、乗りたい路線もすぐ分かりますね。

tram_3

TaMサイト(http://www.tam-voyages.com/presentation/?rub_code=1&thm_id=3)より

外観がオシャレなだけでなく、車内もとても綺麗だと感じました。
1回券1.6ユーロ、10回券10ユーロ。
チケットはトラムストップの自動券売機で購入できます。
乗車したら、チケットを通してvalidateするのをお忘れなく。

モンペリエのおすすめ観光スポット

街の中心地・コメディー広場Place de la Comédie

モンペリエの街の中心といえば、コメディー広場

真ん中の噴水を囲むように、レストランやカフェなどが立ち並んでいます。
近くにはオペラ座も建っています。

PlaceDeLeComédie_0

この広場だけでも絵になりますね。
クリスマスシーズンには、大きなクリスマスツリーと地球儀が出現していました。

PlaceDeLaComédie_2
PlaceDeLaComédie_1

どちらもとても綺麗ですね。
このクリスマスツリーは、下の方の球体部分に乗れるようになっていて、ツリーの周りを回るアトラクションです。
小さなお子さんたちが楽しんでました。
広場から小道に入ると、たくさんお店が立ち並んでいます。
小道にもイルミネーションが飾られており、クリスマス気分が上がりました。

PlaceDeLaComédie_3

この界隈には、たくさんのお店が集まっているので、お店を見て回っているとあっという間に時間が過ぎていきますよ。

プチ凱旋門Arc de Triomphe

続いてのおすすめは、凱旋門です。
そうです、モンペリエにも凱旋門があります。

コメディー広場からお店を覗きながら歩いていくと、凱旋門が現れました!

ArcDeTriomphe

パリにあるものと比べると、かなり小柄で新しめです。
しかも、車道をまたぐように立っているので、この門の下は車がどんどん通っていきます(笑)
これはこれで、なんかいいですね。
凱旋門の向かいには、ペイルー公園Promenade du Peyrouがあります。
公園内には、サン・クレマン水道橋(写真奥)の遺構も。

Peyrou

芝生のところでは、たくさんの若者があちこちでくつろいでいました。
旅の途中、このような公園でのんびりと過ごすのもおすすめですよ。



マルシェ/ホールを楽しむ

最近のフランス旅では、あちこちで市場に行くのが楽しみの一つになっている僕。
モンペリエでもいくつか覗いてみました。
まず一つ目は、Marché de Lattes

街中からは少し離れていますが、トラム3番線で簡単にアクセスできます。
Lattesのマルシェは日曜午前のみに開催されますが、とにかく規模が大きいです。
野菜からチーズ、海鮮、パンなど、たくさんの出店があります。
見ているだけでワクワクしますよ。

◆Marché de Lattes
日 8:00-13:00

二つ目は、コメディー広場に近いHalles Castellane
UNIQLOと同じ建物の1階です。

こちらは毎日オープンしているようです。
街中からすぐに行ける場所なので、Hallesの雰囲気を見てみたい!という場合にも良いですね。

◆Halles Castellane
月〜土 7:00-20:00
日 7:00-13:30

最後の三つ目は、12月はじめにリニューアルオープンしたばかりというHalles Laissac
こちらもコメディー広場からほど近い場所にあります。

新しいもの好きな僕は、もちろん行ってみました(笑)
24店舗が入っているようです。

LesHallesLaissac_0
LesHallesLaissac_1

オープンしたばかりだからでしょうか、Halles内はたくさんの人で溢れていました。
野菜、海産物、チーズ、ワインの店舗、そしてレストランがありました。
そんなに大きな建物ではありませんが、ひととおりのお店は揃っているという印象でした。

LesHallesLaissac_4
LesHallesLaissac_3
LesHallesLaissac_2
◆Halles Laissac
月〜土 8:00-20:00
日 8:00-13:30

Marchéはまさにフランスっぽい市場、といった感じです。
一方、Hallesは、雨も関係なく、毎日営業時間が長いことが良いところです。
旅行プランに合わせて、「市場」を楽しんでみてくださいね!



Noël期間はさらにおすすめのスポットあり!

クリスマスマーケット「Les Hivernales」

クリスマスシーズンのヨーロッパといえば、クリスマスマーケットですよね!
モンペリエでも、11月終わり〜12月終わりの間、Marché de Noël (Les Hivernales)が開催されます。
場所はコメディー広場近く、観光案内所の隣の通りです。

LesHivernales_1

木造三角屋根の小屋のようなかわいらしい出店が立ち並び、小物や食品などが販売されていました。

LesHivernales_2
LesHivernales_3

冬と言ったら、なんといってもホットワイン

LesHivernales_4

僕は白と赤、両方いただいてみました。
どちらもシナモンが効いていて、赤は甘め、白はすっきりとした味わい。
寒い中でもからだが一気にぽかぽかと温まりました
がっつりとした食事はありませんが、ソーセージやチュロス、クレープなどの軽食は販売されています。
12月にモンペリエを訪れる際には、ぜひ行ってみてくださいね。

プロジェクションマッピング「Cœur de Ville en Lumière」

僕が行った時はたまたま、年に一度のプロジェクションマッピングCœur de Ville en Lumière開催日!

Lumiéres_1

年によるのですが、2018年は11月29日〜12月1日の3日間の開催だったようです。
合計11か所という街中のいたるところで、建造物に投影されます。
今年は昨年よりも、開催スポットが増加していたみたいです。
各スポットにおいて、約6分間の映像と約5分間のインターバルが交互に繰り返され、18:30~22:30の4時間も開催されていました。
4時間もあるのに、各スポットでは毎回人だかりがすごかったです。
僕のお気に入りは、Préfectureのプロジェクションマッピング。

Lumiéres_2

Préfectureは建物自体が大きいので、迫力がありました。
でも、どこのスポットも非常に鮮明な映像で、とてもきれいでした。
なかなかの高いクオリティで、無料で見られることがすごいなーと感じるほど。
たくさんの人が見にくるのも分かります。
(現在動画の準備中です。)
そもそもヨーロッパの建物は、白くてかっこいいのでプロジェクションマッピング向きなのかもしれません。
12月あたりにモンペリエ行きを計画している方は、このLumiéresを狙ってくるのも良いかも!



モンペリエをのんびり観光しよう!

モンペリエはあまり大きな街ではないので、気軽に観光できました。
疲れたら公園でのんびりしたりと、都会とは違った観光プランもできそうです。
クリスマスシーズンには、南仏まで足をのばしてみてはいかがでしょう?
モンペリエから電車TERで40分程度の近場にある、ニームNîmesもおすすめですよ!

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ニームは、フランス南部に位置し、パリからTGVに乗って約3時間半ほどの都市。デニムの語源になった街だそうです。近々、世界遺[…]

nimes