リュック一つでの海外旅行なら、このバッグしかない!!モンベル トライパックの紹介





ずっと探し求めていた製品にやっと出会いました。
もう、このリュック以外考えられないというぐらいかなり気に入っています。

そもそも、どうしてリュックを探し求めていたかというと、出張や海外旅行の際に飛行機を利用する機会が増え、その度に預け荷物の不便さを感じていたからです。

荷物を預けるとなると、チェックインカウンターで荷物を預け、到着後は荷物が出てくるまで待たなければなりません。
そのために、ちょっと早めに空港に行き、到着後は少しだけ待つ必要があるんです。
もし、機内持ち込み荷物だけで済むとしたら、空港での待ち時間が確実に減らせると思ったからなんです。

出張ならまだしも、せっかくの旅行なら、目一杯時間を有効活用したいですよね。

どうです?機内持ち込み荷物だけの旅行は、楽だと思いませんか?



リュックに求める条件としては・・・

30L程度のリュック
(国際線・国内線でも荷物を預けずに手荷物だけで移動したいので、機内持ち込み可能サイズで、かつあまりデカすぎないものということで)

パソコンが入るスペースが独立していること。
(すぐにパソコンが取り出せるように。例えば、保安検査場などでサッと出したい)

● 荷物が詰めやすいこと
(スーツケースのようにぱかっと開けるものがベスト。これ意外と大事)

重くないこと
(LCCの機内持ち込みだと上限7kgとかもあるので、バック自体が重いとそれだけで損)

● 生地が丈夫であること
(ガサツに扱ってもある程度耐えてくれるものがイイ)

2万円以内に収まること
(お財布事情的に・・・)

で、こんな無茶ぶりとも思える条件を全て満たしたのが、

もーーー、このバック最高なんです。

容量は30Lで、PCスペースが背面に独立であり、荷物が入れやすいように前面が全て開き、1kgちょっとで軽く、登山メーカー(かつ日本の会社)だけあって生地が丈夫で、僕が購入したアウトレット品(モンベル公式オンラインストアで)はなんと1万円!!

どうです、完璧でしょ。



モンベル トライパックの細部紹介

イマイチ、書き言葉だと伝わらないので、色々な角度からの写真を用意しました。
どうぞご覧ください!

色は、黒と紺と茶色の3色。
追記(2018年08月19日):上のリンクと一番下の商品リンクは紺と茶色のみです。
黒色(僕が購入したもの)が欲しい方はこちらからどうぞ。
モンベル バッグ アウトドア トライパック30 – チェスナット (国内正規品)

「mont-bell」というロゴの主張は少し激しいですが、デザイン自体は非常にシンプルですよね。
(モンベルの製品の質が非常に高いのは、僕を含めて多くの方が認識していることなので、ロゴをもう少しだけ小さくしてもらえたら、もっと使いやすいんですが・・・。お願いします、モンベルさん)

30Lと聞くともっと大きいサイズをイメージしていましたが、ティシュケースと比べてあんな感じなので、案外小さいです。それでも、小柄な女性が背負うには少し大きいかもしれません。

前面のポケットは、大きく開くので、すぐに取り出したいものはココに入れることができます。A4サイズのものも、折り曲げることなく収納できます。ホテルの予約を印刷したものだったり、新聞などを入れてもいいかもしれませんね。

で、このバッグの最大の特徴が、上記のようにガバッと大きく開くことなんです。僕の中でも、これが購入に至った最大のポイントです。

どうしても、リュックだと上部しか開かないので、下の荷物を取り出しにくいですよね。特に、容量の大きいリュックほど、下のものを取り出すのは一苦労。

でも、このモンベルのリュックなら、スーツケースのようにガバッと開けることができるので、荷物の出し入れが非常に簡単!

しかも、スーツケースとは違い、座った状態で膝の上に置いて、出し入れすることもできるんです。

底面積?はティッシュを横にしたサイズより少し広い感じです。

荷物を圧縮するベルトがあるので、荷詰の手助けになります。写真では、横にしていますが、クロスになるようにベルトをとめることもでき、そちらの方がホールドできます。

また、さすが登山メーカーだけあり、ファスナーが閉めにくいということもありません。リュックの外側にもコンプレッション用のベルトが付いているので、たくさん荷物を入れてもファスナーにかかる負担を軽減することができます。

左側のポケットは、下の写真のように外からもアクセスできる仕様になっています。

ちょっとした小物を入れておけるので便利です。メッシュもすぐ破れそうといった印象はなくて、ここでもモンベルの質の高さが伺えます。
追記(2018年08月19日):1年以上使っていますが、どこも破れたりしていません。

パソコン用の独立スペースが背面側にあります。生地は厚めで、しっかり守ってくれる印象です。僕が使っているMacBook Pro touchbar13インチモデルも余裕で入ります。ただ、入口が若干小さいので、縦向きで入れて回転させて収納するという感じです。

同じく、A4の書類も入りますが、入口が狭く入れるのに苦労します。また、クリアファイルだけだと書類が多少曲がるので注意が必要です。

肩紐の部分は収納できるようになっています。ボストンバッグタイプで使いたい場合は収納できるので便利です。

また、肩紐は、さすが登山メーカー(モンベルが好きなんです)というだけあってしっかり作ってあります。

ただ、チェストストラップがないので、別途モンベルショップで購入した。
追記(2018年08月19日):今は、チェストストラップは使っていません。僕には必要ありませんでした。

それにしても、買ってよかったです。
実際に旅行や海外出張で何回も使っていますが、その度にこのリュックの良さを実感しています。
また、使い心地など追記していきますね。

おまけ

これまで使用してきたもので、海外旅行を楽にしてくれるアイテムをまとめた記事にも、モンベルのトライパックは登場しています。そちらの記事もぜひご覧ください。

総移動距離 10万kmの旅行から導いた移動を助けるおすすめのアイテムを紹介します